スポンサーリンク

ボンソワー、ズッカです!

今月もやって来ました、月に一度の家計簿と言いますか、お小遣い帳的なこの記録!!

その前に、これまでのフランス留学での生活費、第一、第二、第三、第四、第五、第六弾の記事はこちらから!

 

 

スポンサーリンク

1ヶ月にかかる生活費(2018年8月分)

 

○家賃(光熱費、ネット代等込み) 400ユーロ

○食費・雑費 43ユーロ

○交際費 11ユーロ

○携帯代 10ユーロ

○南仏旅費 97ユーロ

○スイス・リヒテンシュタイン(1泊2日)旅費 157ユーロ相当

○本 5ユーロ

○東欧周遊旅費(ウィーン➡︎ブラチスラバ➡︎ブダペスト➡︎クラクフ➡︎キエフ➡︎リヴィヴ およそ2週間) 650.5ユーロ相当

 

合計 1373.5ユーロ

 

先月は夏休みだったこともあり、旅行中心の生活でいつもより家にいることも少なかったので、いつもの倍以上の出費になりました!

それでも、行きたいところ、会いたい人たちに会えたので、日本から旅行することを考えたらカナリ安いですし、お金には変えられない経験が出来たので良かったです。

せっかくの長い休みをどこにも行かずに家で過ごすのはもったいないと思ってしまいます。

長い休みにしかできないこと、普段はできないことをするのが休みの醍醐味の一つかなと!

 

 

フランスから東の国へのアクセスが良いのはストラスブールに住んでいる上での利点でもありますし、リヨンに引っ越した後は中々難しくなるので、「今だ!」と思い切って2週間の長旅を実行しました!!

気が向いたらまた記事にしようと思うのですが、EU圏を脱出してウクライナまで行ったのはカナリ印象深い出来事になりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

夏休み期間中の生活費を今日はまとめてみました。

ぜひとも、長い休みがあるのなら、国内外問わず普段は行けないような所へ足を運ぶべきです!!

この記事がこれから留学を考えている、もしくは現在している方の参考になれば幸いです!!

では、みなさんボンソワレー!!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事