スポンサーリンク

ボンソワー、ズッカです!

突然、一昨日の夜から肺気胸が発症しました。

昨日、病院へ行き診断を受けました。

今はカテーテルを右肺に突っ込んでおります。。

肺気胸になって気づいたことについて語らせてください。

 

スポンサーリンク

慣れるということ

 

みなさん生活をしている中で、誰しもが慣れというものを経験したことがあるかと思います。

慣れることは良くも悪くもぼくらの感性を鈍らせます。

慣れるということはそれが普通になる、当たり前になること。

慣れてしまうと、新鮮さが失われます。

 

スポンサーリンク

慣れた上で忘れてはいけないこと

 

感謝

 

関係性や環境に慣れてしまっても、そこに甘んじることなく、日々周囲に小さな配慮を気遣い、感謝を心がけることはとても大切。

ぼく自身、最近本当に痛感しています。

いつまでも好き勝手やっても、文句ひとつ言わない親には頭が上がりません。

親が健康で元気に日々を暮らせているからこそ出来ている生活。

心身ともに健康であることは何よりもの財産であると、今こういう身になってなおさら実感します。

 

初心

 

感謝と共通する部分がありますが、初心も大切です。

行き詰まったときや落ち込んだときに、初心を思い出すことで自分を奮い立たせます。

初心を振り返ることによって原点を思い出します。

その過程があっての今があることを忘れないこと。

 

当たり前なんてない

 

今こうして過ごしている何気ない日常も、当たり前になってしまうと、その恩恵に気づけることは中々難しいです。

でも、この当たり前のバランスが少しでも崩れてしまった時に、ぼくらはその当たり前であることのありがたさを実感します。

失くならないと気づけないものって多いんです。

人しかり、健康しかり。

上記であげましたように、こういう身になってこそ感謝や初心を思い出すことができました。

こういう風になった時だからこそ、親身になってくれる友達や家族、日々支えてくれる周囲の方々の大事さを強く感じます。

 

まとめ

 

普段はなかなか気づかない健康のありがたみ。

体調を崩したときにいかにこれが大事なことかを痛感します。

完治へ向けて今はしっかりと休ませながら、少しずつ、いつもの自分に戻していきます。

では、みなさんボンソワレー!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事