【まえがき】フランス私小説を書くことにした。【ズッカ自伝】
スポンサーリンク

ボンソワー、ズッカです!

突然ですが、このブログ上で小説書きます!

フランスにまつわるノンフィクションです。

というか、ぼくの自伝です(笑

これまでブログに書き綴ってきたことを、よりリアルに、詳細に私小説にします。

掲載頻度は未定で、過去から今日を含め、明日以降の未来までをこれから小出しに綴っていきます。

今現在、留学をしている人、これから留学をする予定の人、フランスに旅行をする予定の人、ぼんやりと毎日を過ごしている人など、多くの人と共有したいこと、伝えたいことがあります。

詳細やキッカケは以下のまえがきで語っています。

では、これからお付き合いくださいませ!!

 

スポンサーリンク

まえがき

 

2019年3月6日。フランス、リヨン。

授業中に、ふと思いついた。

「自伝を出そう」と。

ぼくは芸能人でもなければ、ネット上での知名度も皆無。

2017年4月にFREEBRLEという名のブログを立ち上げたは良いものの、訪問者数はまばらで、アクセス数の増加に四苦八苦している。

ご覧のように特別何かに秀でたわけでもなく、誇れるような学歴も収入も職も、文才も、なんなら恋人すらもいない。

言ってみれば、ただの凡人。ホント、どこにでもいる人間だ。

でも、きっとこれから書き出していく実話が、多くの人の可能性を見出すと信じて筆を執ることにした。

そして、ぼくは、これから書き出す自伝をフランス語で出版しようと決めた。フランス語の文章を編み出すのは当然このぼくだ。

いつ実現するかはわからない。でも、やると決めたのだから、やりたいのだからやるだけだ。

なぜ、このようなことを急に思いついたのかは後述する。

バカげているのは重々承知だ。

ぼくは読書家でもないし、小説を書いた経験など皆無。なんならこれが、処女作ってやつだ。

ベルギー人作家であるアメリー・ノートンが日本での暮らしを本にして出版したように、ぼくのフランスでの暮らし、今日までに感じてきたことをこれから綴りたいと思う。

その手始めとして、まずは、ぼくの母国語である日本語で世に届けることにする。

フランスもしくは海外に興味のある人、ない人。色々な人がいると思う。

ぼくもかつては海外なんて全然興味がなかった。

そんなぼくは今、実際にフランスに住んでいる。

だから、これを目にしているあなたも海外に住む可能性はゼロじゃない。

なぜ、ぼくが今こうしてフランスにいるか、今後もこの地で暮らしていくことを決めたのか。

この機会に詳しく、事細かに振り返ってみようと思う。

 

つづく。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事