スポンサーリンク

ボンソワー、ズッカです!

フランスで暮らし始めて一年が過ぎました。

で、ちょっと冷静に今の自分を考えるんですよ。

今は一応、学生という肩書きなのですが、収入がない今、日本に帰ったらただのニートじゃねえか!って(笑

いや、笑えないんすけど!

一年生活をしていたら、いつの間にかミニマリストになっている自分がいました。

そこで、今日はぼくがミニマリストになった経緯、ミニマリストについて探っていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

無収入

 

フランスで暮らす直前までは会社員だったので、毎月収入があり、年二回の賞与もありました。

フランスに来てからはバイトもしていないので、当然無収入です。

会社員時代の貯金を切り崩して、毎日しのいでいます。

そんな今だからこそ、会社員の安定した給料って良いよなと感じます。

一応、このブログによる収入がほんの僅かありますが、ハッキリ言って生活の足しにはなりません(笑

だから、このブログにはもっとガンガン行ってもらわねば!それをやるのは自分なんですけど!

無収入だと、やたらとお金に敏感なんですよ。

お金が出ていくだけですから。

だから、自分がどこにどれぐらいお金を使ったかっていうのは細かくメモしています。

いかに節約して生き延びるかが肝ですからね。

毎日、自分には厳しく節約しています。健康を損なわない程度に。体調悪くなったら元もこうもないので、一応ちゃんと食ってます!

 

 

節約ばかりに囚われすぎると色々な可能性を狭めてしまうので、友達に誘われたりしたら出掛けます。

フランス女子とサシでカフェに行ったときは、しっかり出します!

紳士たるもの、その辺はケチったらダメなんで!

無収入になっても、精神的豊かさを忘れないように気をつけてます。

 

スポンサーリンク

アイアムミニマリスト?

 

以前の記事で、一年間の生活費っていうのを出しました。

 

 

本当に、フランス来てからミニマリストか!!ってぐらいにモノを買ってないです。

なんなら、もうオレ、日本一のミニマリストなんじゃ?っていう。それは言い過ぎました、ゴメンナサイ。

この一年、服も一着も買ってないし、散髪したのも一回だけだし。

なんか、こう書くとタダの不潔ヤロウじゃないか・・・。

まあ、良いや。ちゃんとシャワー毎日浴びているので問題なし!多分な!

こんなにも必要最低限の暮らしを今までにしたことがあったか?と考えてみたんですけど、ないです!

恐るべし、留学の魔力。いや、正しく言うならば、無収入の魔力。

それでいて、満たされているのだから、これはフランスの力でしょうか。

物欲もないですし、最低限のことで満足しています。

あ、欲を言えば、毎日フランス語で会話できる可愛い話し相手が欲しい!笑

それは置いといて、ここフランスで暮らせればそれで十分なんですよ。

それが自分の幸せだったり、経験に結びつくので。

これは着いて1ヶ月ぐらい経った時点でもうすでに感じていました。

今思うと、日本で暮らしていたときは、モノに溢れていたのだなと。

それが良いか悪いかは別として、お金に余裕があれば他のことに使うのは当然って言えば当然。

収入がないから、ミニマリストにならざるを得ないのも当然って言えば当然なんです(笑

フランスに来て以来、家賃、食費などの生活必要最低限以外に浪費したのは旅行費ぐらいじゃないかな。

 

ミニマリストってなんだ!?

 

そもそもミニマリスト、ミニマリスト言ってますが、正直ぼくはミニマリストについての知識はありません!

どうやら、ネットで調べたところによると、ミニマリストとは必要最低限のもので暮らす人のことを言うらしい。

ほうほう、あながち今の自分の生活スタイルもそう遠くないのでは?

それに、「オレはミニマリストになるんだぜ!」と自ら志願してミニマリストになったわけではありません。

いわば偶然の産物。イエス!メイド・イン・フランス!

本当は、ただ単純に収入がなく、フランスで暮らし始めて、成り行きでなっただけなんですけどね。

 

ミニマリストブログ

 

そこで、ミニマリストについて調べたところ、とても興味深い方を見つけました!!

 

ミニマリストしぶのブログ

 

すいません、最初「しぶのさん」と勘違いしました。

正しくは「しぶさん」なんですね。

テレビや雑誌、新聞などのメディアに露出したり、著書は二カ国で出版されたというツワモノ!!

なんていうか、スゴい。恐れ入りました、ベストオブミニマリスト!!

この人を前にしたら、自分はミニマリストなんて言えないじゃまいか・・・。

そして、しぶさんの部屋、な、なにもない・・・。引っ越したばかりなのか?と思わせるぐらいに何もない。

おまけに、一日一食とか仙人かよ!(褒め言葉です)

仙豆を食ってるのかと思いきや、しっかりと料理しているようで安心しました。

一日一食で月の食費が15000円って、そこまで安くないような?

ちなみにぼくの場合は一日三食で、どんなにかかっても90ユーロ、130円で換算しても12000円いきません。

しかし、しぶさんのブログをしっかり見ると、冷蔵庫がないとのこと!

ははーっ、参りました!!

このお方は、究極のミニマリストと言っても過言ではなさそうです。

個人的に気になるのは、トイレットペーパーの使用長さと今後頭を丸めるのかどうか。

その辺も極めてるとしたら、キングオブミニマリストに違いありません!!

ここまでの徹底ぶりは様々なメディアで取り上げられるのも納得です!!

ちなみに、自分はこうはなれないな・・・。

これ以上のミニマリストになることはないでしょう。

 

まとめ

 

ミニマリストって言っても、単に物欲がない人、エコな人、物質排除主義とそのレベルは様々。

ミニマリストという思想は個人の自由、その人の生き方なんで、だから偉いとか、だから偉くないとかはありません。

ぼくの場合は、ミニマリストになるために特別何かを考えたとか、実行したとかそういう類のものではありません。

偶然そうなった、言わばナチュラルミニマリスト。

そう考えたら、多くの留学生は自分と同様にミニマリストなので、別になんでもないということに気付きました!

モノがあろうがなかろうが、精神的に常に豊かであることが一番です。心は常にマキシマリストでありたい!

では、みなさんボンソワレー!!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事