スポンサーリンク

ボンソワー、ズッカです!

みなさん貯金してますかー?

では、何のために?

老後のため?

車を買うため?

家を買うため?

その辺は人それぞれだと思います。

そんな貯金について本日はクローズアップしてみます!

 

スポンサーリンク

貯金の意義

 

将来のためにお金を貯めることは大事なことだと思います。

いざ!というときのために蓄えがあることに越したことはありません。

ですが、お金を貯めるためだけの貯蓄に意味はあるのでしょうか?とぼくは思ってしまいます。

お金を貯めることが目的になってるだけの貯蓄は、時としてお金の価値を見出せなくなるのではないか?とも思ってしまいます。

それはなぜか?をぼくなりの考え方を交えながら説明していきまーす!

 

スポンサーリンク

お金は手段

 

お金は生きていく上での手段です。

目的ではありません。

ぼくらはお金と引き換えに、モノやサービスを買います。

いくらお金を持っていようが、それらを使わなければ正直あってもなくても同じです。

何か欲しいものやしたいことがあって、それらのためにお金を用意することは理にかなっています。

しかし、もしあなたが独身かつ20代で、特に目的のない貯金(お金を貯めるだけの貯金)をしているのなら、ちょっと待って!

老後のためにとりあえず貯金をするという話をよく聞きますが、杞憂です。

こういう考え方は経験貧乏を生んでしまいます。

結婚して子供がいるなら、まだわからなくもないですが・・・。

ぼくは幸か不幸かまだ未婚で子供もいませんから、子供のためにとか老後のためにという名目での貯金はしていません。

ぼくが今現在行っている貯金は、渡仏のための言わば軍資金です。

 

自己投資をする

 

自分の好きなこと、習いたいことにお金を使うのはとても大事なことです。

ぼくらに必要な知識、貴重な体験、人間関係を築いてくれますし、場合によってはお金以上の価値を産むことがあります。

ぼくは以前、2ヶ月間だけフランスに語学留学をしました。

安くはないお金を引き換えに。

しかし、お金では決して買うことのできない経験や知識、人とのつながりを得ることができましたし、結果的にフランス語のスキルを短いスパンで高めてくれました。

今現在もフランス語の勉強は続いていること、将来的にもフランス語に深く携わってくことを決めているので、今後さらなるリターンを得られる可能性があります。

ここで気をつけたいことがあります。

単なる浪費は自己投資ではありません。

将来的に、自分にリターンの見込みのあるものが自己投資です。

例えば、1000円の本を買ったとします。

この本があなたに有益な情報を与え、それまでのあなたにない発想や考え方を芽生えさせたなら、それは立派な自己投資です。

自己投資はすぐにリターンすることはないかもしれません。

しかし、長い目で見るとそれはぼくらの知識となり経験となり財産となります

 

まとめ

 

  • 若いうちは貯金することが目的の貯金はするべからず
  • 目的のない貯金は経験貧乏のもと
  • 学びたいことや興味のあることに自己投資せよ
  • 自己投資はすぐのリターンが得られなくても、長い人生においては強い武器になる

 

以上が、ぼくなりの貯金に対する考え方です!

お金を蓄えるのも大事ですが、知識や経験も蓄えることの方がもっと大事ですよね。

より濃密な時間を日々を送るためにも。

では、ボンソワレー!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事