【フランス留学】学生ビザ取得!これからのこと。

スポンサーリンク

ボンソワー、ズッカです!

先日、無事に学生ビザが発行されて手元に届きました。

少し早いクリスマスプレゼントと言ったところでしょうか!?

これで無事にフランスに渡ることができます。

渡仏までは、ちょうどあと1ヶ月ぐらいです。

現段階の準備状況やこれからどこに住むのか?ということについて、いよいよ今日は掘り下げていきます!

よっ、待ってました!では行ってみましょ〜

フランス大使館の面接記事はこちらから!

 

 

渡仏準備の進行状況

 

大使館を訪れてから、予告通り2週間経ってからビザが手元に届きました!

学生ビザが揃い、航空券の手配も終え、準備は万端!と言いたいところですが・・・

住む場所がまだ決まっていません!!

そこが一番大事だろ!っていうツッコミが聞こえてきそうです(笑

今現在、ネットで物件を探している最中です。

持ち前の「どうにかなる、どうにかする精神」で行けば大丈夫だろうとぼく個人は考えていますので、まあ大丈夫かなと!

で、フランスのどこ?という疑問があると思いますので、それらをこれから説明します!!

 

これから住む地域

 

ズバリ、フランスはアルザス地方のストラスブールです!

ストラスブールといえばクリスマスマーケット!!

これを観に世界各国から人が訪れるぐらいのスポットでもあります。

以前、高松でカレーうどんが食べたくて行列に並んでいた際に出会ったオーストラリア人もストラスブールへ行ったと言っていました。

 

 

それぐらいの激アツスポット!!

ストラスブールの良さが最大限に発揮されると称しても過言ではないクリスマスマーケット。

まさに今ですよ、今が旬!

しかーし!もうぼくが着く頃(1月下旬)には完全に終わっているんですよね・・・。

まあ、これも自分らしいと言えば自分らしいかな(笑

もし、これをご覧になっている方でストラスブール在住の在仏日本人の方がいたら色々な情報を互いにシェアしたいなと。

もちろん、他の地域の方も大歓迎ですよ!

ちなみに問い合わせ先はこちらになります。

info★freebrle.com (★を@に変えて下さいませ)

宜しくお願いします!

 

ストラスブールを選んだ理由

 

ズバリ、直感!

まずはコレです。

以前、2ヶ月だけ南仏はモンペリエに留学したときの決め手もこれでした。

ぼくはまだストラスブールに訪れたことはありません。

今まで直感だけを頼りに生きてきた自分の選択としてはいつものこと。

直感に続くのが、ストラスブールという土地柄になんかスゴい惹かれたからです。

なぜ惹かれたか?というと、ドイツ国境近くということで、フランスとドイツ双方の文化が織り成す景色や建物が混在するという点がとても魅力的に感じました。

それから、ぼくはフランス語の勉強をする傍ら、夏ぐらいから毎日15分ぐらいではありますがドイツ語に着手し始めました。

いくら忙しくても、眠くても、飲み会の後でも毎日必ずドイツ語を聴きながら歯磨きをします。

そういう習慣がもう身に付いています。

が、まだまだ全然喋れません!(初歩的なレベル)

 

 

上の記事の最後の部分に書かれてる新しく始めたことがドイツ語です。

次にドイツに行く際は旅行会話ぐらいはできるようになっておきたいな、と。

毎日コツコツと積み重ねて行けばそれなりのカタチになることがフランス語の経験から分かっているので、即効性は期待せずにハードルを低く設定して、気長に気楽に続けます。

少し話が脱線しましたが、そう言った経緯があってストラスブールを選びました。

ストラスブールは2018年の9月いっぱいまで滞在します。

その後は別の土地へ引っ越します。

留学場所を決める上で一番大事なことは、その土地に惹かれるかどうかです。

自分の貴重な人生の一時を異国で過ごすわけですから、多少お金がかかっても、心惹かれる土地、自分が行きたい土地に行くのが理想的ですよね。

 

本日のサムネは、パリのGaleries Lafayetteから。(パリ在住の友達が送ってくれました!)

では、みなさんボンソワレー!!

Joyeux Noël ;D

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です