入社してから3年が過ぎました。

ボンソワー、ズッカです!!

気づけば今の会社に入社してから3年が経ちました。

石の上にも三年という諺があるように、3年といえばある程度の節目でもあります。

3年前の自分・・・今と同様フランスに恋焦がれていました(笑

あれからぼくは飽きもせず、他に気移りすることなく未だに毎日フランスのことを考えています。

好きなものには昔から一途で、一旦のめり込むと他のことが見えなくなります。

それがぼくの長所でもあり短所でもあるかなと。

そんなわけで今日は昔話を交えながら、当時から今に至るまでの経緯をフランスへの想いと絡めながら綴ります!

 

 

3年前の9月1日に中途で今の会社に入りました。

今の会社に入る前はというと、南仏のモンペリエに短期留学をしていました。(2014年5月、6月の2ヶ月間)

7月頭に帰国し、貯金も底を尽きたので、学生時代からの友人が働く会社に入社を決めたのです。

彼は学生時代から非常に仲が良かったこと(悪友?笑)、また総務にいたこともあり社内事情には精通していて給料形態、社風や雰囲気を細かく教えてくれたのが決め手でした。

履歴書には留学したことも記載しましたから、当然のように面接の時には「また向こうに行くのではないか?」みたいなことも聞かれましたが、「現在はそのようなことは考えておりません」とキッパリ答えたのが懐かしくもあります。

もちろん、この頃からぼくの構想は今日に至るまで何も変わっておりませんし、現在はこのときから思い描いていることを具現化している段階です。

そして、ぼくは面接をパスして今の職に就きました。

正直、このときの選択が正しかったか間違いだったかはわかりません。しかし、当時考えられた最善の選択が今の結果です。仮にまわり道だったとしても、行き着く先は同じだったのではないかと考えます。

改めて会社勤めをする中で、毎日毎日自分の気持ちを確かめます。

 

フランスに行きたい!!

 

いや、フランスに行くんだ!!

 

普通に会社勤めをし、無難な人生を歩むというのは、ぼくにはとても窮屈すぎて息苦しくてできません。

今は渡仏という目標があることで日々を凌いでいますが、これがなかったらと考えるだけでゾッとします。

お分かりのように、再度渡仏するという目標のもと、軍資金を調達するために今日までの3年間を過ごしてきています。

「早く、こんな日常から抜け出したい!フランスがおれを呼んでいる!」

数え切れないほど思いましたし、今も変わらず思っています。

バカだ!と罵られても、フレンチかぶれ!と言われても気にしません。

誰になんて言われようが思われようが、ブレない気持ちが大事なんです。

突っ走ります。

 

では、みなさんボンソワレー!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です