【関西→山陰→四国→北陸】倉吉散策、三朝の温泉街へ【旅行4日目 続・鳥取編】

ボンソワー、ズッカです!

早速ですが、鳥取2日目行きましょ〜

本日は倉吉周辺の散策記事をお届けします!

今日までの旅行記事はこちらから!

 

 

 

 

倉吉の喫茶店 ダイアナ

 

朝起きて、叔父といとこの3人で倉吉の老舗喫茶店ダイアナへ向かいました。

喫茶店の入り口には、昨日駅でぼくを出迎えてくれた萌え系のやつがまたいるではないですか!

気になったので調べてみました。

なにやら「ひなビタ」というらしいです。

KONAMIの音ゲーが発祥で、商店街の女子高生たちがバンドを結成し活動していくストーリーが裏付けされているとのこと。

そのストーリーの舞台が倉野川市という架空の都市で、倉吉市がモデルとされているらしく、いわば聖地巡礼という形で観光事業にも貢献しているようです。

「ひなビタ」の詳しい説明は、こちらのブログを参考にしていただけたらわかりやすいと思います。

 

 

さて、話を元に戻しましょう。

入り口から見た喫茶店内はこんな感じ。

レトロで落ち着いた雰囲気です。

オープンが朝の8時30分からでオープン早々に行ったのですが、客席は結構埋まっていて、ぼくらが入店した後も何組かのお客さんが入って来ました。

とりまモーニングを注文。

バターが塗られたパン1枚分、茶碗蒸、味噌汁、好きなドリンク一杯、サラダがついて500円。

あまりお目にかかることのない組み合わせ。

茶碗蒸しが美味しかったです。

そして、こんな奇怪?なメニューを発見!

ちくわパフェ!?

発想が斜め上を行き過ぎていて、マジかよ!と思わずには居られません(笑

今回は注文しなかったのですが、次に訪れる際は必ずチャレンジしてみたいです。

 

パープルタウン

 

叔父が車を貸してくれたので、一日中自由にひとり気楽に車で好きなところへ出向くことができました。

そこでまず最初に向かったのが、倉吉の地元の方々にとっての娯楽施設パープルタウン。

倉吉にはイオンのような大きなショッピングピングモールがありません。

そのため、ここパープルタウンが家族での出かけ場所になっています。

パープルタウン公式キャラクター、ぱぅたんっていうものを発見しました。

これは初見です。

なんか、歯みたい!笑

中を歩くと、幼少期に母親と祖父母ときた記憶をなんとなく思い出します。

今回、ここに来たのは昔来た思い出に触れるのはもちろんのこと、どうしても買いたいものがあったから。

それがこちら。

白バラ、鳥取県大山産の乳飲料です。

昨日の記事でも少し触れましたが、特に白バラフルーツが大好きで鳥取に来ると毎回飲んでいました。

そのため、とても思い入れがあるのです。

ぼくが普段暮らす東日本でお目にかかることはありません。

京都とか大阪とか西日本に来ると、コンビニとかでも売っているのを見かけます。

その時はもちろん買って飲みます!笑

ということで、今回はおなじみの白バラと蒜山高原産、合わせて3つの飲み物を購入。

おなじみの白バラフルーツを飲んでみたところ、変わらぬ味が幼少期を思い出させ少しノスタルジーな気持ちを運んで来ます。

とても美味しいです!!

旅先などで見つけた際はぜひ飲んでみてください!!

 

白壁土蔵群としょうゆアイスクリーム

 

続いて、倉吉の観光名所として知られる白壁土蔵群を訪れました。

来るのは初めてです。

周辺は明治期に建てられた建物が、風情と趣のある景色を作り出しています。

お盆ということで、観光客の方も割といました。

来るにあたり、周辺の名物や名所などを調べた中で、ぼくが特に気になったもの。

それは、しょうゆアイスクリーム!!

これは赤瓦六号館 桑田醤油製造場でしか食べられません!

ということで、訪れてみました。

昔ながらのレトロな外観がステキです。

しっかりとしょうゆアイスクリームの旗も立っています。

しょうゆアイスクリーム、購入してみました!

ふたを開けると、こんな感じ。

うん、見た目は普通のアイスです。

肝心の味はというと、なんだろうアッサリしたキャラメル的な?

店内で休憩しながら食べていると、他の方の感想も耳に入って来ました。

「みたらしだんごみたい」とか「カンロ飴」みたいとか。

どれも当てはまるような気がします。

また、ここにはしょうゆアイスクリームの他にポン酢アイスクリームというのもあります。

次回来た際は、ポン酢を食べてみようかなと。こちらもどんな味がするのか気になります。

各種、税込で340円です。

 

三朝温泉街、ブランナールみささ

 

白バラフルーツとしょうゆアイスで満たされたぼくは、三朝へと向かいました。

ここでの目的は二つ。

一つ目は当然、温泉に入る!

二つ目は、WiFiのある環境に行くこと!笑

この二つを満たしてくれる温泉がたまたまあったのです!!

それが、ブランナールみささ。

前日に三朝の温泉情報を収集し、安いかつWiFiが通っている場所がここでした。

行かない理由がありません。

てか、ブログの記事更新をするには行かねば!!

というわけで、行ってまいりました。

館料は500円と安いです。

しかし、露天風呂は別途料金が要ります。

ぼくは今回、露天には入浴しませんでした。

黄金の湯と名付けられた温泉にいざ行ってみましょう!

入浴する前に注意しておきたいことがあります。

脱衣所のコインロッカーの使用には100円を払う必要があるということ。

温泉施設のコインロッカーはお金が戻って来るのが大半かと思いますが、ブランナールみささはそうではありません。

2階の脱衣所に来てから気づきました。

なので、行かれる方は貴重品を事前に1階のフロントへ預けることをお勧めします。

ぼくはフロントまで戻るのが面倒だったので、Macやら財布やらiPhoneやらをコインロッカーに入れるために100円払いました。

入浴施設はというと、普通の浴槽とスチームサウナだけというシンプルな作りでした。
まあ入館料も安いし、こんなものか~

後でいとこから聞いたのですが、ブランナールみささは地元の人が自宅の風呂が故障した際などに行く一番庶民的な場所とのこと。

言い換えれば、一番地元民から親しまれている入浴施設といったところでしょうか。

「もっと良いところに行けばよかったのに」と、いとこから言われてしまいました(笑

まあそうだけど、でもWiFi環境があって格安なブランナールみささはすごく魅力的に見えたのだよ!笑

 

おわりに

 

二泊三日の鳥取編、今日で終わりになります!

夕食時に叔父たちと家でバーベキューをしたのですが、次々と出される肉をぼくは遠慮することができませんでした。。

なんせ、久々に会ったものですから余計に。

明日は夜まで何も居らないかな。

4年ぶりの鳥取、とても有意義な時間を過ごすことができました。

明日は岡山に移動します!

では、みなさんボンソワレー!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です