気胸後、1ヶ月ぶりに職場復帰して。

ボンソワー、ズッカです!

昨日から半日ではありますが職場復帰をしました。

そこで感じたことを今日は語らせてください。

 

 

およそ1ヶ月ぶりに職場復帰をしました。

昨日の朝目覚めて、かつてないほどの気だるさがありました。

病気で休んでいたとはいえ1ヶ月間も仕事に行っていなかったわけですから、気持ちを元に戻すのが中々大変です。

久しぶりの職場は「別に、いつもと何ら変わりない。気づいたら、またこの毎日か」に尽きます。

仮にぼくが今の仕事に対して熱心に情熱を滾らせているなら、こういった考えとは真逆の「今日からまた気を引き締めてやっていこう!」となるかもしれません。

ですが、そんな美談はないのが現実です。

会社を休んでいた期間、ぼくがいなかったことで周囲の人たちには負担をかけたかもしれません。

それについては申し訳ないと思いますし、その穴埋めをしてくださった方には感謝しています。

でも、結局ぼくは会社の中の替えのきく一人でしかないですし、ぼくが居なかった間も何ら問題なく仕事は回って居たはずなんです。

空白の1ヶ月を挟み、昨日今日と仕事を終えた率直な感想は「もう、ここにいたくない。次のアクションを起こすために早くここから抜け出そう」というもの。単純に疲れたなって言う。

今まで以上にその想いが顕著に現れています。

なんかね、全然楽しくも何ともないんですよ。何のためにこれやってるのかな?って気づいたらスゴい客観的に見てる自分がいて。。

多分、気胸になることなく普通に働いていたら、特に気づくことなく今まで通り過ごしていたはずでしょう。

これまでも「仕事がイヤだなー」と思うことは多々ありました。

でも、思い返してみると今までのは「ふざけんなよ!」と外側に向かっていく反発の気持ち。

今感じているのは、先ほど述べたように「もう耐えられないわ」と内側に向かっていく、いわばSOSみたいなものなんですよね。

正直、彼女と別れずに順調に物事が進んでいたらぼくはもう少し余裕に浸かっていたかもしれない。

その余裕がなくなった今、ぼくの取るべき行動(次へのアクション)が早まりつつある。

悲しい出来事ではありましたが、今後のぼくをより一層、具体的に考えさえる後押しとなったのは言うまでもありません。

もう頭の中では「いつ会社を辞めようか」という考えでいっぱいです。

ネットで情報を収集しながら今後の進め方(渡仏計画)を練っています。

 

では、みなさんボンソワレー!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です