ぼくは焦っている。ここ最近の想いをつらつら。

スポンサーリンク

ボンソワー、ズッカです!

なぜだか朝から頭痛がします、今日から6月です。

私的に色々なことがあり5月は長かったです。

4月は力の入っていた更新も、だいぶペースが落ちてしまいました・・・。

今月からまた気持ちを入れ替えていきたいなあ、と。

今日は病院へ行き、抜糸ならぬ抜鈎を行いました。

特にドレナージをしていた箇所がまだ痛みます。。

 

 

突然ですが、ぼくは今焦っています。

年明けからそれは始まり、彼女と別れ、気胸になり仕事から離れると自分を見つめる時間が必然的に多くなることにより、さらに拍車をかけます。

今現在ぼくは28歳です、周りの友達や世間的に見れば結婚して子供がいても全くおかしくはない年齢です。

実際周りを見渡しても仲のいい友達や職場の同僚は結婚しています。

そんな中ぼくは独身であり、今の仕事に自分を見出しているか?と問われたら、正直なんのプライドも誇れることもありません。

世間的には働き盛りと言われる年頃なのに恥ずかしい限りです。

そんなぼくが、一つだけ誇れるのはフランス語を学んでいるということ。

ぼくのレベルがどうこうというのはひとまず置いといて、ぼくはフランス語を学んでいる自分が好きですし、何よりもフランス語に触れている時が一番楽しいと自覚しています。

ぼくは小さい頃から、何か興味のあるものがあるとそれに没頭します。

保育園の頃は車でした。ミニカーが好きで、車の名前と車種をたくさん覚えて、よく「これはなんだ?」と聞かれたら答えられるような子どもでした。(今は車にはなんの興味もなく、まったく覚えてないですが。。)

小学生の頃は、ポケモンにどっぷりと浸かり、強いポケモンを育成させるには?と個体値や努力値などを調べて地道な育成を繰り返していました。

音楽に目覚めてからは、好きな曲やアーティストに一歩でも近づけるには?と思考を巡らせて、曲の構成や使用機材、音色の作り方、音の配置を研究したりなんかしました。

上記からわかりますように、ぼくは昔からハマるとものすごい凝ります。

才能なんて大それたものは持っていないですが、好きという気持ちと悔しさがぼくの原動力です。

冒頭で焦っていると述べましたが、もうじきすればぼくは30代に突入します。

30歳というのは一つの節目。

それまでに何かしらの行動を起こし、地盤なり答えを導き出さなければと今まで以上に考えます。

そろそろ会社を辞めるという選択肢を具体的に考えなくてはなりません。

スポンサーリンク

遅くとも今年中には今後の進め方を明確にする必要があります。

 

 

ぼくは安定した生活が欲しいわけじゃない。

自分に正直に生きたい。

「普通の人」が味わえない経験が欲しい。

たとえ周りの人にバカにされても、笑われても、自分を信じるしかない。

 

 

ここ数日で想ったことを書き連ねてみました。

ここを訪れてくれる方も自分に正直に生きている人であったらいいなと思います。

では、みなさんボンソワレー!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください