フランス語を学ぶ!3つのメリットをご紹介!

スポンサーリンク

ボンソワー!週のおり返し水曜日になりましたー。

お腹がすいて来ました、ズッカです!

昨日に引き続き、フランス語の楽しさを伝えるべく、今日はフランス語を学ぶ3つのメリットをご紹介したいと思います。

アレーアレー!はい、いってみましょう!

 

①フランス語圏の旅行が楽しくなる!

 

まず第一は何と言ってもコレです!!

旅先で英語を使うのも悪くないですが、出来ることならその現地で話されている言葉を実際に使ったほうが新鮮さがありますし、その国の雰囲気をより深く味わえると思います。

英語以外の言葉を使いながら話すってなんだかとってもワクワクしませんか?

ぼくはエールフランスを利用するたび、飛行機に搭乗して「ボンジュー」と声をかけられた瞬間から気分が高まります(笑

また、フランス語圏の旅行に限らず、非フランス語圏の国に旅行に行ったとしても、フランス語はぼくらの旅行をより一層楽しいものにしてくれます。

え?そうなの?と思いますよね!?

そうなんです!

ぼくの場合は、バルセロナに行ったときも、モナコに行ったときも、ベネチアに行ったときも、教会やバス停やホテルでフランス語が聞こえて来たら、すかさず彼らに話しかけました。「日本から来て、今はフランス語を勉強している最中だよ!」と伝えると、そこからあれよあれよと会話は弾み、楽しいひとときを過ごすことができたのでした。

フランス語は仲間意識を育み、ぼくらの旅行をより有意義で豊かなものにしてくれます!!

 

②多言語に応用がきく!

 

多言語への応用。これがまたフランス語の強みでもあります。

フランス語はラテン語から派生した言語ですので、同じラテン語から派生したイタリア語、スペイン語、ポルトガル語はフランス語の親戚とも言えます。

そのため、これら4つの言語は文法的にも単語的にも似ていると言われています。

もし今後、フランス語以外の言語も習得したい!と考えている方にとっては、もってこいです。

フランス語のおかげか、実際に現地でスペイン語、イタリア語の広告を見かけたときには、なんとなくではありますが、文の意味をつかむことができました。

ただ注意したいのが、フランス語を始めたばかりの状態で、他のラテン語派生の言語に手を出すと、似てるという長所が仇となり、混同を招いてしまう恐れもあるので、その辺は気をつけておきたいところです。

そんな背景もあるためか、ヨーロッパでは3、4ヶ国語を話すという人は珍しくないのですね。

そして、そして、フランス語は英語に多大な影響を与えております!

これは昔、ノルマン人がイングランドを支配したことにより、ノルマンフランス語が学校や宮廷で公用語として使われたことが由来すると言われています。

フランス語から多くの言葉が英語に導入され、その多くが今日にも引き継がれています。

そのため、フランス語と英語では発音こそ違うものの、スペルが同じ、もしくは似てるといったものがとても多いのです。

例えば

important(フランス語・英語スペル同様 ”重要な”の意)

conséquence(フランス語同様 ”結果”の意)consequence(英語)

prononciation(フランス語 ”発音”の意) pronunciation(英語)

などが挙げられます。

言葉の歴史をたどることは、とても面白く興味深いですね。

フランス語を勉強することは英語を勉強することでもあるとぼくは考えています!

英語にも他のラテン派生言語にも通じてる部分があるし、なんだかとても画期的で一石二鳥な気がして来ませんか!?

 

③特別な優越感?がある!

 

これは個人的な見解ですが、フランス語を話しているときは誰も知らない魔法を唱えてるような優越感があります。

以前、日本にワーホリで来ていたフランス人の友達と会ったときのこと。

ぼくらは居酒屋で、フランス語で会話をしていました。

その友達はぼくに言いました。

「日本でフランス語を話すなんて凄いクールだよね?周りの人は誰もうちらの話している内容なんてわからないし、こうしてフランス語で話していると、ここがパリなんじゃないかとさえ思ってしまう!」

正直、これを聞いたときは驚いたと同時にとても嬉しかったです。

なぜなら、自分も同様に「日本の居酒屋でフランス語で会話をするなんてシャレてるな」と優越感に浸っていたからです(笑

フランス人は母国語に誇りを持っているという話を聞いたことがありますが、身をもってそれを感じました!

フランス人は相手が少しでもフランス語を話すことがわかると、まるでネイティブを相手にするかのようにメチャクチャ喋ってきます(笑

それだけ、心を開き、対等に接していると捉えることができますね!

フランス語圏の方とフランス語で会話をして同じ優越感を共有することも、フランス語の醍醐味であると言えます!!

 

まとめ

 

フランス語を学ぶ3つのメリットを以下に要約させて頂きます。

 

  1. フランス語は、フランス語圏だけにとどまらず、非フランス語圏でもその力を発揮する!
  2. フランス語は、他のラテン派生言語、英語に似ている部分が多いので、多言語習得に大きく貢献する!
  3. フランス語は、話者と話者の間に連帯感を生み、双方に優越感を与える!

 

以上になります。

知れば知るほど奥深いですね!

もっとフランス語の歴史、なり立ちを知ってみたいと思ったズッカでした!

では、みなさんボンソワレー!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です